卒業生の声

動物看護師のやりがい、当校で学んだことなど
動物看護学科を卒業した先輩のインタビューをお届けします。

20150501172700.jpg

金田 菜希さん

動物看護学科 平成26 年卒業
長岡動物病院 動物看護師兼トリマー

動物看護師とトリマーの両方のやりがいを実感。
東京愛犬で本当によかったと思っています。

東京愛犬では専門の知識や技術のほか、社会人として必要な礼儀も身につけることができました。おかげで職場では飼い主さんはもちろん、先生や先輩とのコミュニケーションもスムーズです。働くようになって「命を扱う仕事」であることを実感し、緊張の毎日ですが、飼い主さんがキレイになった犬を見て喜んだり、元気になって安心している姿を見るとやりがいを感じます。こんな贅沢な経験ができるのも両方の資格があってこそ。また、在学中にカットコンテストで賞をいただけたことも仕事の自信につながっています。東京愛犬で学べた経験が私の財産です。


20150501172828.jpg

三澤 綾香さん

愛犬美容学科 平成25 年卒業
佐伯獣医科病院 動物看護師兼トリマー

愛犬美容学科で学んだ知識や技術は、
看護師としての強みにもなっています。

愛犬美容学科出身なので、看護師として検査や手術助手の仕事を覚えるのは最初大変でしたが、学校で看護の基礎は学んでいたので慣れるのは早かったかも。うちの病院でトリミングするのは、治療がセットになった高齢犬や病気の犬、問題行動があってサロンに行けない犬が中心なのですが、そのときに東京愛犬の一般犬を使った実習経験が役立っています。美容学科卒業で、飼い主さんにシャンプーやグルーミングの仕方を的確にアドバイスできることも喜ばれていますし、小規模な動物病院では、看護と美容両方の知識が求められ、また活かせることを実感しています。