動物看護師の仕事

 動物看護師の仕事 DATA

【就職に有利な資格】

愛玩動物飼養管理士

【主な就職先】

動物病院など

【動物看護師のうれしいこと】

病気や怪我をした動物が、献身的な看護の結果、元気を取り戻したときの幸福感は格別。

【動物看護師のつらいこと】

生まれながら障害のある子犬、不治の病気やケガをした犬の看護などシリアスなシーンも多い。

動物看護師ってどんな仕事?

動物病院のスタッフとして、動物看護師の仕事は多岐に渡ります。受付やカルテの記入、病院内の整理整頓といった事務作業があれば、犬舎の掃除、獣医師の診察のサポート、手術のアシスタントなども行います。場合によっては、獣医師と飼い主の間に立ち、橋渡し的な役割も果たさなくてはいけません。入院中の動物のケアも大切な仕事で、動物の医療、健康に関わる幅広い知識、そして経験が求められるのです。ペットショップでも、愛犬の健康に不安を感じる飼い主の相談に応じ、預かっている途中で病気やケガがないかチェックできるスタッフは貴重な存在。ペットビジネス全般において、動物看護師のニーズは高く、人気も高まっている職種です。

動物看護師に必要な資質は?

動物病院では、飼い主さんに対する接客も重要な仕事の一つです。動物が好きなのはもちろんですが、人間が好き、人と話すのが好きというのも欠かせない資質になります。飼い主の気持ちになって接し、サービスを提供するためには、相手の立場で考える思いやりの心が必要だからです。また、動物の命を預かる職場で働くケースが多く、シリアスな場面に立ち会うこともしばしば。どんな事態が起こっても興奮せず、つねに客観的に受け止め、冷静沈着に行動できる人に向いているでしょう。

どうやって動物看護師になるの?

獣医のアシスタント的な仕事が多く、動物医療に関する基礎的な知識、検査の技術が求められるため、専門学校で基礎から学ぶことをおすすめします。国家資格はありませんが、JKCなど民間団体から認定されている専門学校などで学ぶと、それぞれの団体の動物看護師資格を取得できます。専門職であるため、求人は専門学校などの養成機関に多く集まってくるため、この仕事をやりたいと思うなら、やはり専門学校で学ぶのが近道。動物病院への就職が期待できるほか、専門知識を生かし、付加価値のあるペットショップのスタッフとして働くことも考えられます。