トリマーの仕事

 トリマーの仕事 DATA

【就職に有利な資格】

JKC公認のトリマーライセンス
愛動協公認の動物飼養管理士資格

【主な就職先】

・ペットショップ
・ペットサロン
・動物病院

【トリマーのうれしいこと】

イメージ通りに仕上がったときの、飼い主とワンちゃんのうれしそうな笑顔が見られること。

【トリマーのつらいこと】

いうことを聞いてくれないワンちゃんだと、なかなか思うような作業ができないこともある。

トリマーってどんな仕事?

トリマーは動物の美容師さんのことです。犬種ごとの毛質をよく知り、またそれぞれの個体の特徴もふまえて、最適のシャンプーを選び、カットを行います。最近は飼い主のリクエストも多様化しているため、より高いトリミングの技術が求められる傾向にあります。特定の犬に定期的にふれることで、ささいな体調の変化に気づけるかどうかも、トリマーに求められる要素。飼い主に、健康管理を含めた飼い方、また栄養面でのちょっとしたアドバイスができる、幅広い知識も必要になります。ペットショップだけでなく、動物病院でもトリミングを行うところが多く、トリマーはいろんな場所から求められています。

トリマーに必要な資質は?

トリミングは、おしゃれのための美容にはとどまりません。そこには動物の健康管理であり、予防医学であり、コミュニケーションという側面もあります。幅広い知識と技術が求められるため、学校では多くのモデル犬と接しながら、現場に即した実習が行われています。求められる資質は、当然ですが、動物が大好きなこと。ただかわいがるだけでなく、トリミングや健康についての基礎知識をもとに、動物たちが発するわずかなメッセージを感じ取る感性、根気強さも必要になります。また、多様化する飼い主のリクエストを正確に受け止めるに、対人コミュニケーション力も求められるでしょう。女性の多い職種ですが、大型犬などを扱うには力も必要なため、最近は男性トリマーも増えています。

どうやってトリマーになるの?

トリマーは国家資格ではなく、民間資格なので、資格をもっていなくても仕事をすることはできます。ですが、専門学校でトリミング技術はもちろん、動物に対する知識や扱い方を基本から学ぶのが、トリマーとして活躍するための最短ルート。幅広い知識や技術が身につくだけでなく、学校で築いた人間関係が、就職するときの、または就職後のキャリアを考える上でも、かけがえのない宝ものになるからです。トリマーの資格には大きくわけて「学校独自の資格」と「JKC資格」がありますが、当校は全国で唯一、JKCの推薦指定機関として認定されている学校法人。JKC発行の各種ライセンスが取得可能です。