ドッグトレーナーの仕事

 ドッグトレーナーの仕事 DATA

【就職に有利な資格】

JKC公認訓練士ライセンス
日本警察犬協会認定の公認訓練士
日本シェパード犬登録協会の公認訓練士

【主な就職先】

訓練所
ペットショップなど

【ドッグトレーナーのうれしいこと】

いうことを聞かなかった犬が、指示に従うようになったときの達成感がとても大きい。

【ドッグトレーナーのつらいこと】

大きな犬を相手にするときは、男性でも体力的に圧倒され、ケガをする可能性も。

ドッグトレーナーってどんな仕事?

犬のしつけをして、マナーを教える訓練士のこと。犬をしつけるために大切な子犬の時期に、ドッグトレーナーは子犬を預かり、座れ、お手、待て、ふせ、来いなどの服従訓練、トイレのマナーなどを教えます。場合によっては子犬ではなく、問題行動を起こした成犬をあずかることもあります。また、犬が従うようになっても、飼い主のもとに戻って甘やかされすぎると、せっかくのトレーニングが無駄になってしまうことも。犬をしつけるのはもちろんですが、ドッグトレーナーは飼い主の先生役でもあるのです。トレーナーのなかには、ドッグショーのエスコート役であるハンドラーとして活躍する人もいますが、ハンドラーにはまた別の資質が求められます。

ドッグトレーナーに必要な資質は?

犬が大好きなのはもちろんですが、しつけるには厳しい姿勢で臨まなければいけないときも多々あります。犬を服従させるためには、情に流されないしっかりした信念をもち、気持ちを切り替えられる柔軟さも求められます。また、しつけの過程で犬がストレスを感じてしまうこともあるため、ちょっとした体調の変化も見逃さず、心と体をケアできるようなやさしさも必要です。また、ドッグトレーナーは技術だけでなく経験がものをいう職種なので、人生設計を長いスパンで考えられるような人に向きます。

どうやってドッグトレーナーになるの?

ドッグトレーナーは大きく2つに分けられます。一つは家庭犬を対象にして、ペットとして暮らすために必要なしつけ、マナーを教えるトレーナー。ペットショップのスタッフとして働くケースも多いようですが、個人でやっている人もいます。資格をもたなくてもトレーナーを名乗れますが、やはり学校で専門的な教育を受けたほうが就職には有利です。もう一つは、警察犬や盲導犬に代表される使役犬のトレーナー。こちらは専門の養成機関で学ぶことが条件で、資格を取得した後、訓練施設等で働くことになります。ただし、一人前になるのに4、5年かかり、見習い期間は無給というケースも多いのが実情です。さらに、その世界で「トレーナー」と呼ばれるのはトップの人のみなど、厳しい現実を承知した上で挑むのなら、大きなやりがいを感じられるはずです。